嬉しい、嬉しい、ご報告

いつも応援して下さる皆様へ

らまのだからとっても嬉しいご報告をひとつ。


らまのだ劇作家・南出謙吾が『触れただけ』にて、

第22回劇作家協会新人戯曲賞を受賞致しました。


戯曲賞最終候補にノミネートされては惨敗を続けてきた南出謙吾に、ひとつ大きな花が咲きました。

応援して下さった皆様、本当に有難うございました。




12月11日(日)に座・高円寺にて開催された最終審査会では、

2時間半を超える熱い討議が繰り広げられました



受賞決定直後

喜びを噛みしめる南出と、ホッと安堵の森田と西井



会長の鴻上尚史さんから賞状を授与して頂きました!




駆けつけてくれた皆様と。

一緒に喜んでくれるたくさんの仲間ができたことが、本当に幸せです。

有難うございました!!!




そしてそして!

2016年のらまのだは、まだまだ終わりません。


らまのだ演出家森田あやが、

3かいめ公演『明後日まで内緒にしておく』の評価にて、


一般社団法人日本演出者協会主催

若手演出家コンクール2016の2次審査を通過し、

最終審査に選出され、優秀賞を受賞致しました。


2017年2月28日(火)~3月5日(日)に下北沢「劇」小劇場にて、作品の上演と最終審査会が行われ、最優秀賞が決定されます。

◆演出家協会HPはこちら


これに先立ち、2016年12月21日(水)には優秀賞を受賞した4名の演出家の授賞式も行われます!



引き続き、温かく見守って頂ければ幸いです。

らまのだ

0コメント

  • 1000 / 1000